世界の成人年齢はどうなのか海外を国別に紹介!世界で一番若い成人年齢の国はどこ?

世界各国の成人年齢は?一番若い国と高い国は? ニュース
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

2022年4月からついに日本でも146年ぶりに成人年齢が20歳から18歳へ引き下がることになりました。

日本の成人年齢が引き下がることになった理由としては、若者の自己決定権を尊重して、積極的な社会参加を促すことなどが目的のようです。

成人年齢が下がることにより何が変わるかというと、

・18歳でクレジットカードが持てるようになる

・パスポートの有効期限が5年から10年に延びる

・親の同意がなくても結婚ができるようになる

など変更になることもたくさんあります。

そこで、日本と比べて成人年齢の世界各国はどうなのか気になりますよね!

海外を国別に成人年齢と、成人になるとできる事などを紹介していきたいと思います。

また、成人年齢の世界平均や一番高いのはどこか?なども合わせてお伝えしていきます!

世界の成人年齢を各国一覧で紹介!海外はどうなの?

世界の成人年齢について各国一覧で、海外はどうなのか国別に紹介していきますね。

・プエルトリコ 14歳

・スコットランド 16歳

・オーストラリア 18歳

・イタリア 18歳

・イギリス 18歳

・スペイン 18歳

・スリランカ 18歳

・中国 18歳

・アメリカ 18歳~21歳(州による)

・韓国 20歳

・シンガポール 21歳

スポンサーリンク

世界国別の成人年齢について

国別の成人年齢について、成人になると何ができるようになるのか、成人を迎えると日本のようにお祝いなどあるのか?など調べてみました。

プエルトリコの成人年齢は14歳で最も若い国

プエルトリコの成人年齢はというと、14歳です。

14歳が成人年齢というのは、世界で一番若い国になります。

成人年齢の14歳になると、選挙権が与えられ、婚姻も出来るようになり、車の運転まで出来るようになります!

スコットランドの成人年齢は16歳

スコットランドの成人年齢はというと、16歳です。

16歳になると、選挙権が与えられて、軍隊に入隊することが出来るようになります。

オーストラリアの成人年齢は18歳

オーストラリアの成人年齢はというと、18歳ですが1973年までは21歳が成人年齢でした。

18歳になると、選挙権が与えられ、裁判官及び親族の許可なしでの婚姻することが出来るようになります。

昔の名残で、21歳になると盛大にパーティーを開催する人もいるそうです。

イタリアの成人年齢は18歳

イタリアの成人年齢はというと、18歳です。

18歳になると、選挙権が与えられ、裁判所の許可なしでの婚姻が出来るようになります。

イギリスの成人年齢は18歳

イギリスの成人年齢はというと、1969年から18歳になりました。

18歳になると、選挙権が与えられ、親の同意なしでの婚姻することが出来ます。

また、18歳未満だと花火の購入が禁止されているそうなので、18歳のお祝いで盛大に花火を上げるという文化があります。

そして、成人になると家の鍵を持つという風習が残っている地域もあるみたいで、地域によっては鍵の付いたブレスレットをもらうこともあるみたいです。

スペインの成人年齢は18歳

スペインの成人年齢はというと、18歳です。

18歳になると、選挙権が与えられ、婚姻もすることが出来るようになります。

スリランカの成人年齢は18歳

スリランカの成人年齢はというと、18歳です。

18歳になると、選挙権が与えられます。

中国の成人年齢は18歳

中国の成人年齢はというと、18歳です。

18歳になると、選挙権が与えられます。

成人年齢の18歳は、高校3年生ということもあり受験に響いてしまうので各学校内でお祝いをするそうです。

学校内なので、服装は制服かジャージなので、日本のように和装や着飾って式典を!という感じではないようです。

アメリカの成人年齢は18歳~21歳

アメリカの成人年齢はというと、州によってばらつきがあるため18歳~21歳です。

選挙権は18歳から与えられます。

成人を一斉にお祝いするということはありませんが、学校の卒業などの節目には盛大にお祝いをするそうです。

また女の子は、16歳で大人の女性の仲間入りをする節目の年齢ということでお祝いをすることが多いようです!

韓国の成人年齢は20歳

韓国の成人年齢はというと、20歳です。

選挙権は19歳から与えられます。

特に式典などはありませんが、一般的に恋人や友人と過ごすことが多く、恋人同士の場合は男性が女性にお祝いの花束などプレゼントを渡すことも多いそうです。

シンガポールの成人年齢は21歳で一番高い国

シンガポールの成人年齢はというと、21歳です。

成人年齢が21歳というのは、世界で見ても成人年齢が高い国になります。

21歳になると、選挙権が与えられ、親や法定代理人の同意なしでの婚姻が出来るようになります。

世界の成人年齢まとめ

今回は国別に成人年齢を調べてみました。

海外を見てみると、プエルトリコだと14歳から成人と扱われるようになったり、シンガポールでは21歳から成人と扱われるようになったりと国によってもバラつきがありました。

ただ、18歳を成人年齢としている国が多かったです。

肉体的にも、精神的にも大人になるからでしょうか。

日本のように成人を迎えたお祝いとして、式典を開いて盛大にお祝いをするという国はあまり無いのには驚きました。

ちなみに、成人年齢が18歳に引き下がると成人式は何歳でやるんだろう?という疑問もありますよね?

成人式に関しては、現在法律による決まりがないので各自治体の判断によって実施されるそうです。

今後色々なことが決まっていくと思いますが、まずは成人という自覚を持って過ごすようにしていきたいですね。

日本について、成人年齢の引き下げがなぜ行われたのかはこちらで紹介しています。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました