池田向希選手の出身高校・中学は?みちょぱとはとこ?経歴プロフィールも調査!

スポンサーリンク
みちょぱと親戚のオリンピック選手は? オリンピック注目選手

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

東京オリンピックの陸上男子20キロ代表選手である池田向希選手。

東洋大学経済学部を卒業していますが、中学・高校はどこの出身か知っていますか?

東洋大学は東京にあるので、出身高校は東京なのでしょうか?

また、オリンピック代表になるほどの実力の持ち主の池田向希選手。

そこで気になるのは、これまでの主な成績では?

 

そこで池田向希選手について、次の点を詳しく深掘りして紹介していきます。

・池田向希選手の出身高校・中学

・池田向希選手のこれまでの主な成績

 

ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

 

池田向希選手の出身高校・中学はどこ?

 

池田向希選手は静岡県浜松市の出身です。

池田向希選手は中学時代はもちろん陸上部に席を置いていました。

 

しかし競歩ではなく、長距離の選手として活躍していました。

 

中学1年生の時には3,000mに出場していたようですね!

http://www.shizuriku.com/hama/111016HTML.htm

 

高校は浜松日体高等学校に進みました。

そして1年生の春休みから競歩を始めます。

 

 

 

高校で始めた競歩ですが、東海高校総体で1位には届きませんでした。

しかし、男子5,00mで大会新を更新して2位の成績に輝きました。

 

高校から始めた競歩でいきなり結果を出せるのは、やはり才能でしょうか?!

 

競歩を始めたきっかけはなんだったのでしょう?

それは中学から取り組んでいた長距離で伸び悩んでいた時。

 

当時の池田向希選手は自分のタイムを更新できませんでした。

さらには浜松日体は強い選手ばかりで力の差を感じていました。

 

そこで顧問の先生は、

「競歩の動きが長距離にも活かせるから競歩をやってみたら?」

とアドバイスをしました。

 

このアドバイスをきっかけに、池田向希選手は競歩の大会に出場。

 

いい経験になる程度で出場した競歩の大会での結果はどうだったのでしょう?

最終的には東海地区大会の9位という初めてとは思えない結果を出しました。

 

そこで競歩の魅力を感じ、そこからは競歩1本で行くことを決めました。

 

その後は競歩の強い大学であり、刺激を受けることができると考えました。

そこで競歩の強豪校の東洋大学に進学することを決めました。

 

しかし、経験の浅い池田向希選手は大きな壁が立ちはだかります。

これについては次章で紹介していきます。

 

池田向希選手のこれまでの成績は?

池田向希選手は東洋大学にはマネージャー兼務で陸上部に入部しました。

 

なぜマネージャー兼務だったかのでしょうか?

高校であまり実績がなかった池田向希選手。

 

当初は大きな期待もされていませんでした。

さらには強豪校であるため、他に有力な選手が多数揃っていました。

 

そのためにマネージャー兼務として陸上部を支えていました。

そしていい意味で期待を裏切り、オリンピック代表に選ばれるまでに成長しました。

 

 

 

東京五輪代表最終選考会の全日本能美大会で代表の内定を決めた際、みちょぱさんのはとこであることが一緒に報じられています。

 

 

 

みちょぱさんも驚きのツイートをしていました。

親戚が東京五輪代表に選ばれるのは、驚きますよね!

 

池田 向希選手の主な成績はこちらになります。

 

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2018 第28回世界競歩チーム選手権 20kmW 優勝 1時間21分13秒
2018 関東学生対校選手権 10000mW 優勝 40分16秒44
2019 第102回日本陸上競技選手権 男子競歩20km 20kmW 2位 1時間18分01秒
2019 全日本競能美大会 20kmW 3位 1時間17分25秒
2019 関東学生対校選手権 10000mW 優勝 39分18秒03 大会2連覇
2019 ユニバーシアード夏季大会 20kmW 優勝 1時間22分49秒
2019 2019年世界陸上競技選手権大会 20kmW 6位 1時間29分2秒
2020 全日本競能美大会 20kmW 優勝 1時間18分22秒 東京五輪内定

 

既に紹介しているとおり、池田向希選手はマネージャーと兼業です。

 

それなのにこれだけの結果をしっかりと出しているとは!

かなり驚くべきことですよね。

 

国内大会では出れば上位に入り、世界陸上でも6位という成績。

 

高校から始めた競歩で東京五輪に出場とは、才能もあるとは思います。

しかし才能だけではなく、人並以上の努力を積んできた結果でしょうね。

 

池田向希選手は体格も168cmと小柄なため、歩幅が小さくなってしまうという弱点があります。

 

その分心肺機能を強化し多くの歩数で歩けるように鍛え上げてきました。

 

実は陸上に世界ランキングがあるのをあなたは知っていますか?

国際陸連は2019年からランキングを導入しています。

 

ランキング導入したことを発表と同時にランキングも発表されています。

そこで競歩の20キロのランキング世界一位は池田向希選手と報じられました。

 

池田向希選手は大学卒業後、旭化成の陸上部に入部しています。

今後は旭化成の池田向希選手として、ニュースで報じられる事でしょうね!

 

池田向希選手まとめ

・池田向希選手の出身高校・中学

・池田向希選手のこれまでの主な成績

 

こちらを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

高校一年生から競歩を始め、東京オリンピック選手に内定。

 

こう書くと簡単なように思えてしまいますが、相当努力したのでしょうね。

東京オリンピックでの活躍も、大いに期待できそうです。

 

今からオリンピックが楽しみになってきましたね!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました