小林陵侑がイケメンでかっこいい! 北京オリンピックスキージャンプ出場日程とテレビ放送は?

小林陵侑選手がイケメンかっこいい?北京オリンピック出場種目と日程は? スポーツ注目選手アスリート
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

北京オリンピック2022の代表入りを果たしたスキージャンプの小林陵侑選手ですがイケメンでかっこいい!と、国内外で話題になっています。

小林陵侑(りょうゆう)選手は、国内トップクラスのスキージャンプ選手です。

そこで今回は、小林陵侑選手がイケメンでかっこいい!というSNSの反応をご紹介します!

さらには、あなたも気になる北京オリンピック出場日程とテレビ放送のスケジュール。

さらにさらにスキージャンプ界の”レジェンド” 葛西紀明選手との関係についてもお話ししたいと思います!

追記:長野オリンピック以来の金メダルを小林りょうゆう選手が獲得しました!おめでとうございます。

小林陵侑がイケメンでかっこいいと話題。国内海外の反応は?

小林陵侑がイケメンでかっこいいと話題。国内海外の反応はというと、SNS上でたくさんのコメントが飛び交っています。

まずは国内の反応から。

Twitter上では、やはり”イケメン”、”カッコいい”、”ステキ”といったワードが飛び交っていました。

中には韓国のイケメン俳優・チャンギヨンさんと似ている!といった声もありました。

はい、確かに似てますね。。

では次に、海外の反応を見てみましょう。

実は小林陵侑選手、つい先日のノルディックスキーW杯第10~13戦を兼ねた「ジャンプ週間」にて、見事に2度目の総合優勝を果たしています。


【そして、ゴールデン・イーグル(=優勝カップ)の行方は・・・。
小林陵侑選手、素晴らしいパフォーマンスと2度目のジャンプ週間総合優勝おめでとうございます。】

と、このように海外から賞賛の声がたくさん上がっています。

もちろん、競技だけでなくそのカッコ良さで海外ファンからも大人気です。


【スキージャンプがお勧めです。今シーズンは、小林陵侑が多くの大会で優勝したから、冬の間は毎週末日本の国歌を聴いていました。彼はイケメンよ。】


【小林陵侑がめっちゃイケメンなんだけどw】

英語で「イケメン」「カッコいい」を表す言葉は「good-looking」,「handsome」,「attractive」など色々あってニュアンスもそれぞれ異なります。

興味深いことにTwitter上では小林陵侑選手を「cute」などという言葉で表現する方が多いようです。

この表現、ぴったりだと思いませんか?まさに人気・実力を兼ね備えた選手と言えますね!

小林陵侑選手の北京オリンピック出場日程は?

小林陵侑選手の北京オリンピック出場日程は、正式にまだ決まっていませんので、ひと通りジャンプ種目の日程をご紹介します。

●2/5(土)・・男子個人ノーマルヒル予選
●2/6(日)・・男子個人ノーマルヒル決勝
●2/7(月)・・混合団体(新採用種目)
●2/11(金)・・男子個人ラージヒル予選
●2/12(土)・・男子個人ラージヒル決勝
●2/14(月)・・男子団体

さて、メダル確実視される小林陵侑選手が何種目出場してくるのか、あなたも楽しみにしていてくださいね。

小林陵侑選手の北京オリンピック出場のテレビ放送スケジュールは?

小林陵侑選手の北京オリンピック出場のテレビ放送スケジュールは、先にご紹介した男子ジャンプ種目の放送日(生中継)をひと通りお知らせします!

●2/6(日):男子個人ノーマルヒル決勝・・TBS系列
●2/7(月):混合団体・・日本テレビ系列
●2/11(金):男子個人ラージヒル予選・・日本テレビ系列、BS日テレ
●2/11(金)、12(土):男子個人ラージヒル決勝・・フジテレビ系列、BSフジ
●2/14(月):男子団体・・NHK

各日生中継される予定ですので、本当に楽しみです♪

小林陵侑選手と葛西紀明選手との関係は?土屋ホームで一緒?

小林陵侑選手と葛西紀明選手との関係は、土屋ホームの選手と監督です。

小林選手は北海道の住宅メーカー・土屋ホームのスキー部に所属しており、そこで選手兼任監督を務めているのが”レジェンド” 葛西紀明選手なのです。

2人の出会いは、小林陵侑選手が高校を卒業して土屋ホームに入社した2015年にさかのぼります。

当時から葛西紀明選手は選手兼任監督を務めており、小林陵侑選手は、レジェンドの指導の下で徐々に力をつけていきました。

そして2018-19シーズンに、一躍世界中から注目される選手となりました。

2018-19シーズンのW杯第2戦で初優勝すると、最終的に歴代最多タイの6連勝を含むトータル13勝で見事に年間総合優勝を成し遂げました。

さらにW杯最終戦、フライングヒル(オリンピックで採用されているノーマルヒル、ラージヒルよりさらに長いジャンプ台)で世界歴代2位となる252mを記録。

その大成長は、葛西紀明兼任監督の技術面の助言と、それをすぐ実践できた小林選手のセンスによるものだと、のちに語られています。

本当に素晴らしい師弟関係を築いているんだなと感じますね。

小林陵侑選手の成績は?兄弟全員スキージャンプ選手?

小林陵侑選手の成績は、今シーズンも好調を維持しています。

そして兄弟全員スキージャンプ選手です。

今シーズン(2021-22)の小林陵侑選手は、序盤にスーツ違反で失格となったり、新型コロナ陽性反応によって欠場したりとアクシデントが続きました。

それでもここまで個人戦全15戦のうち6勝を挙げています。

特に第10戦~13戦を兼ねる「ジャンプ週間」には、3連勝で2018-19シーズン以来、2度目のジャンプ週間総合優勝を果たしました。

2022年1月19日現在の、小林陵侑選手の通算成績を簡単に振り返ってみますと・・・
●W杯通算25勝(日本男子最多)
●W杯通算表彰台42回(葛西紀明選手に次ぐ日本男子歴代2位)
●W杯6連勝(世界の男子選手歴代1位タイ)

などなど、ここには書ききれないくらい素晴らしい成績を残しています。

そんな小林陵侑選手ですが、実は兄弟全員がスキージャンプ選手です。

さらにさらに、なんとお父さんも元・クロスカントリースキーの選手というスキー一家なんです!

岩手県岩手郡松尾村(現・八幡平市)出身の小林選手は4人兄弟の3番目(次男)で、兄・姉・弟がいます。

全員が同じ盛岡中央高校出身で、現在はそれぞれ別の社会人スキー部に所属しており、皆それぞれ経歴がすごいんです!

ではそのすごい兄弟たちをご紹介しましょう。

小林陵侑選手の兄:潤志郎(じゅんしろう)選手

長男の潤志郎(じゅんしろう)選手は、陵侑選手と共に平昌オリンピックに出場しており、今回の北京オリンピックにも代表入りが内定しています。

2大会連続で兄弟そろって出場とは凄い!

小林陵侑選手の姉:諭果(ゆか)選手

長女の諭果(ゆか)選手は兄弟の影響で小学校4年の時にスキージャンプを始めました。

2017年のユニバーシアード・女子団体ノーマルヒルで金メダルに輝いている実力者です。

小林陵侑選手の弟:龍尚(たつなお)選手

三男:龍尚(たつなお)選手は現在20歳で、兄・陵侑選手と同じく土屋ホームに所属しています。

学生時代から葛西紀明選手に指導を受けており、土屋ホームスキー部の有望な新人として期待されています。

実は高校時代、潤志郎選手と陵侑選手が出場した平昌オリンピックでテストジャンパーを務めており、「3兄弟での出場」を果たしているんです。

いつか本当に3兄弟揃って代表入りして、兄弟でメダル獲得!なんてことも期待できそうですね。

小林陵侑選手の北京オリンピックまとめ

今回は、北京オリンピック・スキージャンプの日本代表に内定した、小林陵侑選手がイケメンでかっこいい!という話題をご紹介しました。

特にスキージャンプ競技が盛んなヨーロッパでは本当に偉大な英雄として尊敬されていて、まさに人気・実力を兼ね備えた選手と言えます。

スキー一家で育ち、師匠である”レジェンド” 葛西紀明選手の下で着実に力をつけた小林陵侑選手は、金メダルに最も違い選手といっても言い過ぎではないでしょう!

兄の潤志郎選手と共に活躍する姿を早く観たいですね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました