北京オリンピック2022年の新種目一覧と新競技追加理由について

スポンサーリンク
北京オリンピック2022年の新競技追加理由は? オリンピック種目

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

テーマ 北京オリンピック2022年の新種目の追加の理由について

2021年に東京オリンピック・パラリンピック(東京五輪)が開催され次の平和の祭典は2022年北京で開かれる冬季の北京オリンピックです!

東京オリンピックでは空手やスケートボードなど新種目の追加がありましたが、実は北京オリンピックでも新たに7種目の追加が決まっています。

ここでは2022年の北京オリンピックでの新種目(新競技)の追加とその理由について見ていきたいと思います。

北京オリンピック2022年の新種目一覧

2022年の冬季オリンピックの北京オリンピックでは、以下の7種類の新種目の追加が決まっています。

・ボブスレー女子1人乗り(モノボブ)
・ノルディックスキーのジャンプ混合団体
・フリースタイルスキーのビッグエア男子
・フリースタイルスキー ビックエア女子
・フリースタイルスキーのエアリアル混合団体
・スノーボードクロス混合団体
・スピードスケート ショートトラック混合リレー

種目としては7種目なんですが、元々ある競技に女子、男子、団体というのが加わったのものが多いですね。

東京オリンピックの新種目追加とは少し違う印象です。

北京オリンピックの新種目追加の理由とは

北京オリンピックで追加される7つの新種目。

2022年の北京オリンピックで新種目が追加される理由は参加選手の幅を広げ、男女のバランスを取るためとされています。

7つの種目をみてもわかると思いますが、新しい種目の追加というよりは、これまでにあった種目の参加選手の幅を広げるために追加がほとんどです。

IOCとしてはこれまで以上に男女のバランスが取れて、かつ若者に重点をおいた大会にしたいという意図があったためなんですね。

つまり、種目そのものを増やすというよりは混合といった選手の参加形態を追加することになりました。

これにより北京五輪での女子の種目数は46となりました。

そして参加できる女子選手は1,314人となり、北京五輪での女子選手の割合は選手全体の約45%と、これは冬季オリンピック史上最多となる見込みです。

北京オリンピック新種目(各競技)について

女子選手の参加や団体混合が加わった新種目について、それぞれどんな種目なのかを簡単にご紹介します。

北京オリンピックボブスレー女子1人乗り(モノボブ)

ボブスレーは「氷上のF1」とも呼ばれるスピード競技です。

前方にハンドル、後方にブレーキを備えた鋼鉄製のソリに乗り、全長1,400m前後の氷の壁を疾走します。

ボブスレーは1924年の第1回オリンピック冬季大会から正式競技となっており、開催当初は男子だけの競技でした。

2002年のソルトレークシティ大会から女子2人乗りが新種目として加わりました。

ボブスレーは基本的に団体競技ですが、モノボブは一人乗りです。

ソリの時速は最高速度120キロに到達し、滑走中選手には3~4Gもの重力がかかります。

スピードがすべてのボブスレーですが、自分の力で加速できるのはスタートの時だけ。

その後はどんどん加速していくソリをいかにコントロールしてスピードを落とさず走り抜けるかが勝負です。

力を合わせて切り抜ける団体戦、個人の力量ですべてが決まる個人戦。
どちらも目が離せない緊張のレースとなるでしょう。

ノルディックスキー ジャンプ混合団体

ノルディックスキーは北欧のスカンジナビア地方で誕生・発展したスキーのことで、つま先だけをスキー板に固定するものです。

太く長いスキー板で、ジャンプ台から飛躍して、飛んだ距離と空中のフォーム、また着地の姿勢などの美しさを競います。

日本のメダル獲得がもっとも期待されています。

フリースタイルスキー ビックエア男子・女子・混合団体

フリースタイルスキーは、スキーで滑走しながらエア等の技を行ったりするスポーツのことです。

なかでもビッグエアは、高さ30~40メートル、斜度20度以上の急な斜面から滑り降り、そのまま角度をつけて踏み切り台から空中に飛び出してジャンプ技の難易度や完成度を競います。

派手な回転技を含んだジャンプは大迫力!

選手それぞれの持ち味を生かしてどんなジャンプを見せてくれるのか楽しみですね。

一方のエアリアルは、スキーのジャンプ台を小さくしたようなコースの踏み切り位置に、キッカーと呼ばれる人工のジャンプ台を置いて宙返りをするものです。

姿勢と技の難易度、ジャンプの高さなどで得点を競います。

前に飛び出すジャンプと異なり、宙返りという短い滞空時間だからこそ凝縮された一瞬が問われます。

スノーボードクロス混合団体

スノーボードクロスは、様々な障害物が設置された1,000mほどのコースを、4~6人の選手が一斉にスタートして滑走し着順を競います。

早い選手が勝つとは限らず、先行していた選手のミスや接触、転倒なども起こりうるため「雪上の格闘技」といわれるほど激しい競技です。

いかにいいコースをとるか、障害物をうまく乗り越えていくかが勝利のカギです。

技を競うというよりも障害物競走のように早くゴールしたもの勝ちなので、子どもにもわかりやすくて一緒に楽しみやすいかもしれませんね!

スピードスケートショートトラック混合リレー

スピードスケートは、1周400mのリンクをどれだけ速いタイムで滑ることができるかを競う種目です。

リンクの内周と外周で距離が異なるため、スタートしてから交差区域に入るごとに内側と外側のレーンを交換して滑走します。

順位ではなくフィニッシュタイムを競うため、いかに早くそれぞれが走りきるかが勝負所になります。

しかしショートトラックは、スピードスケートの一種ではありますが、タイムではなく順位を競う種目です。

4~6名の選手が同時にレーンを滑り、抜きつ抜かれつで入り乱れながら滑走する迫力満点のレースです。

コーナーが小さいため、大きく体を傾けて氷に手をつきながら高速で駆け抜けていく姿は緊張と興奮を呼び起こすに違いありません。

対戦相手と距離が近いため、安全性を考慮したルールが多いのも特徴です。

北京オリンピック2022年新競技まとめ

北京では2008年に夏季オリンピックが開催されており、史上初めて夏冬両方のオリンピックが開催されることになります。

競技種目も冬季オリンピック史上最多の109種目となり、ますますの盛り上がりが期待されます。

人類史上初のコロナという困難に立ち向かう今だからこそ、選手たちの活躍がきっと世界の人々の心をつなげ、たくさんの感動をもたらしてくれるに違いありません。

ステイホームを熱い応援で一緒に楽しみましょう!!

東京オリンピックでの新種目はこちらで紹介しています。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました