24時間テレビでジャニーズが司会なのはなぜ?いつから?歴代パーソナリティ一覧も!

スポンサーリンク
24時間テレビのメインパーソナリティがジャニーズなのはなぜ? テレビ紹介情報

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

24時間テレビの司会と言えばジャニーズというイメージがありますよね?

2021年の24時間テレビについてもメインパーソナリティはking&prince(キンプリ)に決まってますし。

なぜジャニーズが毎年メインパーソナリティーに起用されているのか気になったことがある方は少なくないと思います。

今回の記事では以下の内容をお伝えしようと思います。

・ジャニーズが司会なことが多いのはなぜなのか
・いつからジャニーズが担当しているのか、ずっと続いているのか
・ジャニーズになってからの歴代司会者一覧

それでは早速見てみましょう!

24時間テレビのジャニーズが司会なのはなぜか?

24時間テレビには盛り上がるのが醍醐味の企画もあれば、シリアスな企画もあります。

ジャニーズは1つのグループにメンバーが多数存在し、メンバーそれぞれの個性が視聴者によく知られています。

なぜ24時間テレビの司会はジャニーズのグループなのかというと、その理由は、ジャニーズを起用することによって、それぞれの個性に適した企画を任せられるからともいわれています。

また最近のエンターテイメントは出演者が多ければ多いほど盛り上がるという風潮がありますしね。

盛り上げるために数をそろえたい番組側にとって、ジャニーズ繫がりで先輩や後輩を呼べる点も大きなメリットでしょう。

もう1つの理由として「ジャニーズ以外にこの役を任せられない」というものがあります。

この説明だけでは語弊があると思いますので詳しくお話しさせていただきますね。

・みんながよく知っている存在
・体を張れる
・爽やかな笑顔
・歌やトークで盛り上げられる
・感動的な場面で涙を見せられる

番組側が求めているメインパーソナリティーはこのような人物です。

男性グループや女性アイドル、俳優さん、芸人さんなどの場合はチャリティーというコンセプトや番組側の人物像から少し違うようです。

これらの条件を満たしているのはジャニーズと番組側は判断し、24時間テレビに不可欠な存在として毎年起用されています。

24時間テレビでジャニーズはいつから担当に?

ジャニーズがパーソナリティに起用されたのは、第18回(1995年)のSMAPが最初です。

当時はメインパーソナリティーという名称ではなく、番組パーソナリティと呼ばれていました。

第19回(1996年)はジャニーズの起用はなく、第20回(1997年)にKinKi Kids、第21回(1998年)にTOKIOが番組パーソナリティを担当しています。

第22回(1999年)は起用されず、第23回(2000年)にV6が担当しました。

SMAPが最初の第18回からずっとジャニーズというわけではなく途中途切れた時もあるようですね。

その次に起用されたのは第26回(2003年)で、この年はTOKIOが担当しました。

第26回からメインパーソナリティーの枠が作られ、現在はその名称が使われています。

第26回(2003年)~第44回(2021年)の間、毎年メインパーソナリティーにジャニーズが起用され、途切れた年はありませんでした。

スポンサーリンク

24時間テレビでのジャニーズの歴代司会者一覧

ジャニーズが初めて起用された第18回(1995年)から今年開催の第44回(2021年)までのメインパーソナリティーを一覧にしました。

※第19回、第22回、第24回、第25回はジャニーズの起用はなかったので省略しています。

第18回(1995年) SMAP
第20回(1997年) KinKi Kids
第21回(1998年) TOKIO
第23回(2000年) V6
第26回(2003年) TOKIO
第27回(2004年) 嵐
第28回(2005年) 草なぎ剛、香取慎吾
第29回(2006年) KAT-TUN
第30回(2007年) タッキー&翼(滝沢秀明、今井翼)
第31回(2008年) 嵐
第32回(2009年) NEWS
第33回(2010年) TOKIO
第34回(2011年) 関ジャニ∞
第35回(2012年) 嵐
第36回(2013年) 嵐
第37回(2014年) 関ジャニ∞
第38回(2015年) V6、Hey! Say! JUMP
第39回(2016年) NEWS
第40回(2017年) 櫻井翔、亀梨和也、小山慶一郎
第41回(2018年) Sexy Zone
第42回(2019年) 嵐
第43回(2020年) 井ノ原快彦、増田貴久、北山宏光、重岡大毅、岸優太
第44回(2021年) King & Prince

参照元:公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会

24時間テレビは今年で44年目ですが、そのうち23回のメインパーソナリティーをジャニーズが担当しています。

こうみるとジャニーズの中で一番多いのは嵐ですね。さすがです。

ジャニーズがどれほど広く認知されている存在かがわかりますね。

24時間テレビジャニーズのまとめ

みんなが知っていてチャリティー番組というコンセプトに適している点が、ジャニーズが長年起用されている理由でした。

今年の24時間テレビはKing & Princeがメインパーソナリティーを担当します。

どんな24時間テレビになるのか楽しみですね!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました